投資のアドバイザー

株式

初心者や高額者に人気

投資顧問は投資判断について専門的な立場から投資家に助言を行う業務です。証券会社に属するような場合もあればフリーで行っている場合もあります。単に助言を行うだけの投資顧問は、投資助言業務ですが、中には、投資判断だけでなく投資家から委任された資金を実際に運用することのできる投資一任業務があります。投資信託のようなものですが、運用方法を個別に判断する事が異なる点です。収入は、投資助言業務も投資一任業務もその投資利益の中から割合で手数料として得ています。そのため利益を出すことが条件となっています。投資初心者や高額投資者などに人気があり、日中他の仕事をしているなど専属投資家でない人を中心に依頼を受けています。

助言と一任がある

投資顧問は資金を増やすアドバイスを行います。そのため投資に関する知識と読みのセンスが必要になります。投資一任業務であれば、短期取引から長期取引まで様々な相場を組み合わせて利益をねん出しますが、投資助言の場合には、助言するタイムラグが必ず発生しますので、基本的には中長期の運用がメインとなります。投資顧問を専属で行う会社を投資顧問会社として法人登録することができます。金融庁などに届け出を行う事が必要ですが、投資信託の運用会社も同じような仕組みの法人格を所持しています。一時の勝ち負けだけにとらわれず、長期的な視野で助言を行ってくれる会社を見極めることが大事です。手数料の高い安いだけでの判断もせずに、慎重に会社を選びましょう。